不動産投資の【物件探し+情報探し】が効率的にできる検索サイト
不動産投資ガイドブック
居住用 > 中古一戸建て
物件のポイント
居住用として販売されている中古一戸建て住宅を購入して、賃貸に出す例はあまり多くありません。一般にアパートやマンションよりも利回りが低いこと、建物に担保価値が認められにくいこと、物件そのものが少ないことが理由と考えられます。木造の一戸建ては新築後10〜20年経過すると「古家付き土地」と呼ばれ、ほとんど土地だけの値段で取引されるのですが、その9割は業者が買って新築の一戸建てとして売られるか、リフォーム済み物件として売られてしまいます。そのため、一般に出回るの中古の一戸建ては、建坪率や容積率が悪かったり、道路付けが悪い物件が多いのです。
サイト選びのポイント
中古の一戸建ては、仲介会社のサイトや不動産ポータル(複数の会社の物件を載せているサイト)に掲載されています。まずは不動産ポータルで情報を集めましょう。仲介会社のサイトではそのサイト限定の物件が見つかることもあります。
スポンサードリンク
おすすめ度順
スポンサードリンク

サイトを検索ブログ(日記)を検索
このサイトについて相互リンク募集中相互リンクサイトお問い合わせ
Copyright© LunchBox. All Rights Reserved.

Fatal error: Call to undefined function domxml_open_file() in /virtual/re104/public_html/cmsdesigner/include/app.php.inc on line 519